クンニの目覚め~Part3

トオルはひだや膣口、アナルまでていねいに舐めながら、クリトリスを指でくすぐっている。
「は・・・あんん・・・。」
私は口からヘンな声がでてしまって、あわてて両手で口をふさいだ。
「嬉しいよ。感じてくれてるんだね。どうされるのが好き?どうしたら気持ちいい?」
犬のようにれろんれろんと舐めまくりながら、うっとりした声でトオルが聞く。はじめてされるクンニは強烈に気持ちがよくて、頭の中がぼんやりする。

「わ・・・わかんない・・・そんなの知らないわ・・・。ん・・・。」

「じゃあ、気持ちよかったら、いいって教えて?」
トオルはクリトリスをしゃぶりながら、舌先でつついた。舌はワレメをそっとなぞりながら、アナルまで到達して、またクリトリスに戻ってきた。

「あんっ・・いや・いい・・・気持ちいぃ・・・。」

ちゅぷちゅぷといういやらしい音が響いて、私はクンニの気持ちよさに溺れていた。 ふふ・・・とおまんこに唇をつけたまま、トオルが笑うと、振動がおまんこの奥まで響いて、ぞくぞくする。
「里子さんは敏感で、淫乱なんだね・・・。兄貴がうらやましいよ。」
トオルは私のおまんこにごつくて太い指を入れて、ぐちゅぐちゅと動かした。
「ごめん。もう我慢できない。」 指が抜かれたと思うと、私のおまんこをいっぱいに押し広げて、トオルのちんぽが入ってきた。
「すごい・・・気持ちいい・・・里子さん・・・好きだ・・・。」
いつも主人がするのと同じ正常位なのに、おまんこにちんぽが入るだけで、とても気持ちがいい。 トオルがちんぽを動かすたびに、私の口からはあえぎ声がもれてしまう。

「あ・・・ああ・・・あん・・・。」
おまんこの中に入れたまま、三度も射精されて、おまんこから精液をあふれさせながら、私はセックスの快楽を体に刻み込まれたのでした。

おすすめサイト: セフレの作り方(割り切り・不倫)
TOPPAGE  TOP